CANON EOS M ボディ

いいね!評価+2

¥27,160

Best deal at: amazon.jpAmazon.jp
売り場へ行く
Last Amazon price update was: 2017年11月5日 3:12 AM
× Product prices and availability are accurate as of the date/time indicated and are subject to change. Any price and availability information displayed on Amazon.com (Amazon.in, Amazon.co.uk, Amazon.de, etc) at the time of purchase will apply to the purchase of this product.

説明

EOSのDNAをミラーレスに。

「ミラーレスである前に、EOSであること」。このコンセプトのもと、川島昭作をリーダーに、本体と交換レンズ担当の高野盛司郎、ユーザーインターフェース担当の山崎伸吾、アクセサリー担当の稲積めぐみ等をメンバーとするチームで、EOS Mのデザインがスタートしました。
川島が求めたのは、EOSの快速・快適・高画質を継承しながら、コンパクトなボディーの中で強度や耐久性においてもEOS基準をクリアしていくこと。つまり、EOSのDNAが結晶したミラーレス=“小さなEOS”を実現することでした。
小型化と高機能の両立という高いハードルを、デザインチームは、あえて自らの前に設定したのです。こうして、それぞれの持ち場におけるメンバーたちの果敢な挑戦は始まりました。

小さなボディーで、EOSの撮影体験を。

「小さなボディーであっても、EOSらしい撮影体験を楽しんでもらいたい」。そんな想いから高野はまず、人差し指がレリーズへと自然に導かれる造形を目指しました。EOS Mのボディーに最適なレリーズボタンの位置を入念に検討し、スプーンで削いだような柔らかな曲面によって、絶妙なフィット感を実現したのです。そして、液晶モニターをレンズの中心に合わせたレイアウトを提案し、撮影者の視線とファインダーで確認する被写体にズレのない、より自然な感覚を生み出しました。
また、フロントとリアのグリップの指掛かりの形状と位置も、指がレンズに当たらないように配慮しつつベストなバランスを求めて決定し、シンプルな形状と機能性を両立させています。

画像

ビデオ

関連ビデオ

Novoflex レンズマウントアダプタ Canon Fdレンズeos Mボディー Neos M/can

Shinjyuku Tokyo Japan / Cheap Stabilizer Test / Canon EOS M + EF-M22mm F2 STM @新宿 / 思い出横丁

新宿思い出横丁(東京) ebayで約$146.99のステディーカムを購入しました。 [Mini Handheld Steadicam Stabilizer for DV DSLR Digital Camera as Skyler Minicam] ...

Canon EOS M Settings/Review (Made in Japan) - By F.Y.I.

The package also comes with some CD's and DVDs containing manuals, minor photo editing software, and photo browsing software. For information on the ...

Tokyo, Japan 2014 / Canon EOS M

This video is my trip of Tokyo, Japan from Sept 3rd to 10th all summarized in one music video. There's not much editing involved, so nothing fancy here.

価格比較リスト

メーカーページ

主な仕様(EOS M) - キヤノン:キヤノンホームページ

型式 型式 デジタル一眼ノンレフレックスAF・AEカメラ 記録媒体 SD メモリーカード、SDHC メモリーカード、SDXC メモリーカード * UHS-I 対応 撮像画面サイズ 約22.3×14.9mm 使用レンズ キヤノンEF-M、EF*、EF-S*レンズ群 * マウント ...

キヤノンカメラミュージアム | デザイン館 - カメラデザインの ...

キヤノンの担当デザイナーが、EOS Mをご紹介するコンテンツです。 ... EOSのDNAをミラーレスに。 「ミラーレスである前に、EOSであること」。このコンセプトのもと、川島昭作をリーダーに、本体と交換レンズ担当の高野盛司郎 ...

レビュー

コメントをお願いいたします

コメントをどうぞ

ログイン/登録ページへのアクセスは無効